「新型コロナウイルス感染症」について、1月30日、WHOが「国際的な公衆衛生上の緊急事態」を宣言しました。本邦でも「指定感染症」として扱われることとなり、武漢からの帰国者に関することなど本感染症に関する報道が絶えません。

当院ではそういった状況に鑑み、例年冬季に行うインフルエンザ感染対策を強化し、手指消毒の励行はもちろん、職員のマスク着用を当面義務化することとしました。来院される患者様や同行者様には、受付などでマスクをしたまま対応することに違和感を持たれる方もいらっしゃるかも知れませんが、皆様のためになると信じて行う対応でございますので、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

また、患者様・同行者様のマスクや手指消毒用具を準備しておりますので、可能であれば院内でのマスク着用・手指消毒の励行にご協力いただければ幸いです。

ご不便をおかけしますが、当面の対応でございます。何卒よろしくお願い申し上げます。

                                             院  長

千葉静脈瘤クリニック