循環器診療

循環器疾患は我が国の主要な死因の1つで、単に死亡を引き起こすのみでなく、急性期治療や後遺症治療のため個人的にも社会的にも負担が増大しています。

循環器疾患の発症には生活習慣が深く関与していることが明らかとなってきています。そのため、危険因子をもつ多くの人々が病気の方向に向かわないようにする発症予防対策の視点が重要とされています。
下肢静脈瘤や深部静脈血栓症も循環器疾患の一部と言えますが、当院では、2020年6月から、12誘導心電図やABI検査に加えて、新たに、心エコー、胸腹部レントゲン撮影、24時間ホルター心電図や院内迅速血液検査などの検査設備を充実させ、循環器疾患全般を内科的に管理・治療させて頂きます。見落としの無いように注意して、日々の診療や各種検査を行い、カテーテル検査や手術など高度な設備・スタッフを要する診療が必要な時には適切に関連病院あるいはご希望の病院にご紹介させて頂きます。

心エコー診断装置
心エコー診断装置
レントゲン撮影装置
レントゲン撮影装置
ホルター心電図
ホルター心電図
院長自身が長く経験してきたことに基づいて行う、術後・治療後の慢性期循環器疾患のフォローアップをはじめ、紹介状のある無しに関わらず、広く患者様を受け入れさせて頂き、その患者様と十分お話をさせて頂きながら、それぞれの方に合った治療・管理方針を一緒に模索し気長にお付き合いできればと思っています。
どうか、お気軽にお電話にてお尋ねください。皆様のご不安を少しでも軽くできるよう、スタッフ一同暖かくお迎えさせて頂きます。
ToTOP